オフィス清掃とエアコン清掃のことなら、オフィスクリーニング東京にお任せください。

オフィス清掃とエアコン清掃の

オフィスクリーニング東京

〒125-0063 東京都葛飾区白鳥1-5-10

休業日:土曜・日曜・祝日 ※現場は無休

アクセス:お花茶屋駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

03-6231-2533

営業時間:9:00~17:00

エアコン汚れで起こる健康被害

オフィスクリーニング東京 空調事業

エアコン汚れで起こる健康被害

エアコンは便利な空調設備ですが室内を乾燥させ、エアコンが汚れると人間に様々な悪影響を与えます。そのため定期的なエアコンクリーニングが必要です。具体的にエアコン汚れで起こる健康被害について、ご紹介致します。

アレルギー症状

エアコンクリーニングを行わずに使い続けていると、エアコン内部にホコリや水分が溜まります。そして快適な温度に保たれたエアコン内部は、カビやダニの温床となるのです。そしてダニの死骸や細かいカビ、ホコリや細菌が、多くのアレルギー症状を引き起こすアレルギンという抗原性物質に変化します。

汚れたエアコンは部屋の隅ずみまでアレルギンを放出するので、皮膚を刺激するアトピー性皮膚炎、鼻やのどを刺激するアレルギー性鼻炎などを発症する可能性が高くなるのです。また部屋に花粉が侵入すると、花粉や胞子を溜め込んで吐き出すので、花粉症になる確率が高くなります。

喘息

エアコンは空気を乾燥させるため、鼻や喉の粘膜を刺激します。さらにアレルギンや有害物質が組み合わさって喘息を引き起こします。アトピー型喘息になると気道が刺激されて過敏反応が起こり、セキがひどくなります。やがて慢性的な炎症となり、場合によっては呼吸困難に陥ってしまうこともあります。

また外部からタバコの煙や排気ガス、粉塵やカビなどの微粒ウィルスが引き起こす気管支炎もあります。風邪に似た症状なので見分けが付きにくいのですが、タンの大量分泌で気道が狭くなると喘息に発展することもあります。

またカビの一種であるトリコスポロン胞子を吸い込んでしまうと、頭痛や嘔吐などの症状から始まる夏型肺炎過敏症候群を発症します。悪化すると肺炎を引き起こすので注意が必要です。

化学物質過敏症

室内に化学物質を多く含んだ建築資材や内装材料が引き起こす、シックハウス症候群というものがあります。この有害化学物質を、さらにエアコンが拡散します。そのため目、鼻、口、のど、耳、皮膚などに痛みや不快感を引き起こし、動悸や息切れ、吐き気や嘔吐、めまいやけいれんなどを引き起こします。

この状態を放置すると屋内で発症するシックハウス症候群から、屋外や微量な化学物質で反応する化学物質過敏症に発展します。こうなると生活に支障を来たし、社会生活も困難になることが予想されます。

オフィスクリーニング東京

東京都を中心に、当社はエアコンクリーニングやオフィス清掃のサービスを提供しています。他の業者と比較して格安料金、格安費用でエアコンクリーニングサービスを行っています。お見積りや現場調査に関するお問い合わせも、お気軽にお問い合わせください。